自らのビジネスを常に進化し、新しい社会ニーズに対して適合させてソリューションを提供していくことで、持続的な成長とサステナビリティ社会への貢献の双方を実現する。

ここ数百年の人類はエネルギーをはじめ、様々な資源を自由に使って経済的な豊かさを追求することを優先させてきました。このままの形で続けていては、これまで同様、もしくはそれ以上に豊かな地球環境や文化、社会を次世代の人々に残すことができません。

 

他方、当社グループはこれまで、例えば軽量化素材としての繊維、省エネ化につながる太陽光パネルや断熱材など、持続可能な社会づくりとの親和性の高いビジネスを展開してきました。
自らのビジネスを常に進化させ、新しい社会ニーズに対して適合させ、ソリューションを提供していくという考え方を持ち続ければ、持続的な成長とサステナビリティ社会への貢献の双方を実現することが可能ではないか。

 

私たちは、この考えのもと、戦略領域と位置付けた省エネ化ソリューション、軽量化ソリューション、省力化ソリューションに磨きをかけ、事業を通じた「持続可能(サステナ)な社会」への貢献の実現に向け、今後も尽力してまいります。
 

高島株式会社
代表取締役社長
高島 幸一